歌詞「台湾bon」by 日月緋久泉語霜虹月

JUGEMテーマ:人生論

歌詞「台湾bon」by 日月緋久泉語霜虹月

小さな宝島の 小さな王子たちはbonbon育ち

小さな番薯 晩鐘の祷り だだっ広い草原は 駆けるのに良いのに太陽から背を向けて いつの間に新幹線の線路と列車

連なるは儚さ 夢の銀河鉄道 機械の体を求めるbonbon

 

大きな大地から 大きな女と下僕のbanban踊り

大きなお尻  お知り合いになりたい  長い歴史の旧家 共に繋げたいの海向山から誘惑 とうに忘れられた血の子孫ならそこにいるのに泡を吹く シャボン玉飛ばされて消えた 女の匂いすら模倣banban

 

どっちにも立たないのは誰?  勃たない国々の女が産むのはやはり勃たない血の者  名前はbonの 資産もbonの 盆から帰るとぼんやり煙の中 子孫の姿無く

 

どっちにも立たないのは誰?  勃たない国々の雌牛は盗むハローキティは私よ口無し  香り高い花は貴し ボンクラめ bonbonなどチョロイわ  台湾冬虫夏草也