国籍を多く持つ欲しがりやは他人のものを何でも欲しがる

JUGEMテーマ:幸福に生きる

国籍を多く持つ欲しがりやは他人のものを何でも欲しがる。

国籍回復しようと書類を申請し、台湾で許可が下りるのを待っていた時期がある。

幼い頃に臨時国籍を持たされた私は、実母を頼って回復できるらしく、無犯罪証明書やら日本戸籍謄本やら健康診断書やらいろいろ集めて申請した。

もちろん、全てクリアしているので、回復はできるはずだった。

しかし、なぜか、私の日本国籍を放棄したら回復できるかもしれないという曖昧さで、台湾国籍回復は却下された。

とても辛い経験で、台湾国籍回復は諦めた。

私が辛さに嘆いている裏で、金や関係で国籍を沢山取得している日本人らは、とても喜んでいたらしい。

華僑に金も関係も無ければ何もできないと日本人らは胸を張ったことだろう。

ところで、私のあらゆるものや権利を奪って大喜びする日本人は、政府の言うとおり、新日本貴族に為ったのだろうか?

国籍は日本国籍しか持たないけれど、台湾華僑の私に台湾血脈が流れ、台湾風土の影響は色濃く、私の芸術作品に表れている。

台湾のあらゆるものを日本のものにしたがる日本人や韓国のものにしたがる韓国人が、台湾華僑から奪う台湾の血潮は、どんな色なのか。

今更、台湾人に戻る気はない私だけど、国籍だけ台湾・中国人の多国籍人たちの包囲網にヘトヘトだ。

日本人の実人口の疑問と、台湾・中国人の人口を一人一人精査してほしいところだ。

多国籍なら持っている国籍全てを記載する義務を課した方が無難だろう。ついでに血族の記載も必要だ。

なりすまし犯罪が増えているから、防犯対策だ。