犬の死体に沢あんをあげていた幼い頃の私を夢に見た

JUGEMテーマ:幸福に生きる

犬の死体に沢あんをあげていた幼い頃の私を夢に見た。ショートカットだった私は、男の子に見えた。目が覚めると、左脳がぎゅうと萎縮した感覚がし、とても辛かった。そして、近所の煩い男の子がなぜか歓喜の声を上げてとてもはしゃいでいて、返せー!とかうそぶいていた。